メニューへジャンプ 本文へジャンプ
本文の開始

活性汚泥の無料診断

このページはHomeの中の無料診断の中の今週の活性汚泥の中のバックナンバーの中の2017年12月 第三週掲載のページです。

今週の活性汚泥

理想的活性汚泥フロック
フロック比率: 良 6 :悪 4 下段
×100倍
活性汚泥フロックは、圧密性の悪いフロックです。

汚泥濃度 9200ppm
濾過指数 522ポイント

活性汚泥 写真No.1


暗視野画像
水層部は、粘性分散菌とミコバクが多く浮遊しています。=処理水の透視度に反映します。

活性汚泥 写真No.2


×100倍
汚泥濃度が高い割にフロックの生物凝集性が悪く、圧密性も良く有りません。
原水負荷が高いか?曝気槽散気が悪いか?検鏡結果では、このフロックは曝気槽内に問題が有ると判断出来ます。デットゾーンからの剥離汚泥が負荷に成っています。

活性汚泥 写真No.3


×100倍
矢印 フロック内部にデットゾーンからの汚泥(腐敗)が混在しています。

活性汚泥 写真No.3


×100倍
○囲み 粘性の寒天

微生物が代謝する時に生成する物質(アラビノース・マンノース等)高分子多糖類です。曝気槽の泡の発生原因菌です。

活性汚泥 写真No.3


×100倍
矢印 嫌気汚泥=曝気槽内で負荷に成ります。処理水も濁る要因汚泥です。

活性汚泥 写真No.3

 

排水処理能力の向上、効率の良い設備改善→投資効果の高い改善、経費削減→電気代、汚泥産廃費など。

散気装置の酸素移動効率の向上を図り、電気代の削減を図ります。

廃水処理に関するご質問やご相談は、お気軽にお問い合わせください!

TEL:0285-28-0771 「ホームページを見た」とお伝えください。

廃水処理(排水処理)・活性汚泥・バルキング対策のご相談はこちら

活性汚泥の無料診断

初期診断は<無料>にて活性汚泥の健康診断を行っています。
顕微鏡観察によって、負荷の大小、空気量の過不足、毒物等妨害物質の有無、バルキング(粘性バルキング、糸状性バルキング)の兆候を見極めて、トラブルの早期解決を実現します。お気軽にお申し込みください。

活性汚泥無料診断のお申し込みはこちら



ページの終了